効率、信頼、友情

Product-Categories-Button

contact us

+86 21 51012729

+86 21 51685837

info@bbotech.com

Secure Payment By Paypal

MgF2

Related link:  MgF2 Lenses      


MgF2 特性と透過曲線


フッ化マグネシウム (MgF2) は、赤外線と紫外の両方の光学素子に使用されています。その便利な伝送範囲は0.19 µm から6.5 µm です。屈折率は約1.48 から1.3 に変化します。フッ化マグネシウムは bi refringence 材料であり、この面は光学設計のこの材料の選択の前に考慮に入れられるべきである。C 軸配向を有する真空紫外グレード材料は、複屈折を最小限に抑えるために使用されます。照射はカラーセンターにはつながらない。この真空紫外材料は、放射線によって引き起こされる色の中心に最も影響を受けやすい。


フッ化マグネシウムは、最も低いインデックス赤外線材料の一つであり、フッ化リチウムに次ぐものである。それは熱および機械衝撃に対して抵抗力がある。材料は、2倍のカルシウムフッ化物が、唯一の半分は、ゲルマニウムのようなハードです。フッ化マグネシウムは、フッ化カルシウムやフッ化バリウムよりもはるかに高価ですが、通常はフッ化リチウムよりも高価ではありません。フッ化マグネシウムは、水への耐性のフッ化カルシウムに似ています。



  Property

 Specification

  Transmission Range

 0.121µm to 7.0µm

  Density

 3.177 g/cm3

  Thermal Expansion

 13.7 x 10-6 /°C Parallel to C-axis

  Co-Efficient

 8.48 x 10-6 /°C Perpendicular to C-axis

  Surface Finish

Polishes of 10-5, or 20-10 scratch-dig are achieved at extra costs respectively mainly for UV applications. Typical specifications for surface quality in the visible & near infrared regions are a 40-20 & 60-40 scratch dig in the 3 to 7µm range. MgF2 is diamond turnable.

  Surface Figure

In the UV & Visible spectral regions, surface figure ranges from 1/10 wave to 1/2 wave @ 0.6328µm. In the infrared, typical required surface figure ranges from 1/2 wave to 2 waves @ 0.6328µm & are specified depending on the system performance requirements.

  AR Coating Options

Magnesium Fluoride can be AR coated for use in the infrared but generally without much improvement in transmission due to its low index of refraction & already high transmission.

  Typical Applications

Thermal imaging, Astronomical, Excimer laser applications.

  Products Manufactured

Lenses, Aspheric lenses, Windows, Optical Beamsplitters, Optical Filters, Wedges, Prisms.


MgF2 Index of Refraction


MgF2 Transmission Curve